リノベーションによって賃貸オフィスを東京で経営する方法とは

  • TOP > コラム > リノベーションによって賃貸オフィスを東京で経営する方法とは

    リノベーションによって賃貸オフィスを東京で経営する方法とは

    儲からない賃貸オフィスはリノベーションによって経営改革


    東京は多くの人がビジネスの場所として活用しているので、賃貸オフィスの経営はそれほど難しいものではないと思って実際にそれを開始してみたものの、借り手が現れずに経営に行き詰まりを見せてしまっているような場合にはリノベーションを考えてみてはいかがでしょう。確かに東京には多く人がビジネスを行っていますが、非常にビジネスにシビアな人が多くいる場所でもあるので、少しでも良い条件の物件を選んで賃貸契約をすることが多いものです。
    ですから、簡単な気持ちで賃貸ビジネスを始めても経営が立ち行かない場合も出てきてしまいます。しかしながら、せっかく東京という非常に条件の良い場所で賃貸経営を始めたのですから、簡単に撤退する必要もありません。ポテンシャルの高い場所ですから、ちょっとした工夫によって利益を上げることが可能になります。
    そのためには、不動産経営のプロに相談をしてみるといいでしょう。自分では気づきにくいマイナス要素を客観的に指摘してもらうことが可能なります。例えば、賃貸物件の外観が良くない場合にはそれを改善すれば、借り手が急に現れることもあるでしょう。また、あまりにも高いレンタル料の場合には、区画を分割するなどして格安の料金にすれば、やはり一気に多くの借り手が現れることになるかもしれません。その他にも、利用者の立場に立った改装も大きな効果をもちます。例えば、共通で使うことが可能な会議室の設置や無料で使うことができるコピー機などの設置はプラス効果をもたらすことができるでしょう。
    更には、一人で使う場合、二人で使う場合などそれぞれの借り手の立場に立ったバリエーションも借り手を増やす要因になります。東京などの大都市で賃貸オフィスを経営する際には、リノベーションが大きな効果をもたらしてくれる場合も多くなります。

    リノベーションとリフォームの違い


    リノベーションとリフォームはどのような違いがあるのでしょうか。前者は建物に新しい価値を作り出すことを意味しています。一方で後者は古くなった建物を新しくするもので、新しい価値を生み出すわけではありません。建物は新しいものが良いのは言うまでもありませんが、新しいだけではビジネスに使う場合には使ってみたいと考えてもらえないかもしれません。
    例えば、老朽化したビルを賃貸物件にする場合、魅力ある物件にするにはどうしたらいいのかというプランニングが必要になってきます。このようなケースでは、貸し手の都合というよりも借り手にとってどのようにしたら魅力的な物件になるのかということを考えなくてはなりません。また、東京で賃貸経営を行うなら、東京という環境も考慮に入れなくてはなりません。
    一方で、多くの人が行きかう場所ですので、防犯上の対策もしっかりと行っておかなくてはなりません。また、非常に時間の経つのが早い場所ですので、時間の流れに対応した間取りや雰囲気を取り入れていくことも改造の際には必要になってきます。
    そのような観点から賃貸物件の改良を行うことができれば、良いリノベーションにつながり多くの借り手がつき、更には貸し手に大きな利益をもたらすものになるでしょう。どのように改造をすればいいのかのわからないような場合には、不動産屋さんなどのプロの方に相談してみましょう。多くの場合、非常に建設的な意見を得ることが可能になります。オフィスとして貸し出す場合には、長期にわたってビジネスをする拠点としてあるべき姿は何かということも同時に提案してもらえるようになるかもしれません。

    リノベーションの費用について


    賃貸オフィスをリノベーションによって改造する費用ですが、もちろん無料で行うことはできません。それなりの出費は当然必要になってきます。しかしながら、老朽化した物件を単に新しくするだけではなく、建物に付加価値をつけるための改造ですので、賃貸経営によって後々その投資は返ってくるものと考えて良いでしょう。長期的なスパンで考えれば意味のある投資になってきます。
    心配になるのは、賃貸物件の改造を多額の費用をかけてしたのにも関わらず、借り手がつかないということです。しかしこの点については不動産屋さんに改造を依頼する際に、借り手がつかない場合の保証があるかどうかについても相談してみるといいでしょう。家賃保証のある形で、賃貸物件の改造を行えば、損失を招くことはありません。更には、不動産屋さんに借り手の募集も代行してもらえば、非常に骨の折れる作業である借り手を探す苦労からも解放されます。
    東京のような場所ですと、不動産屋さんのようなプロに依頼すると比較的簡単に借り手を探しだしてもらえるので安心です。さらには、オフィス内の調度品なども不動産屋さんの方ですべて用意してもらえるような契約であれば、オーナーは何の心配もなく賃貸料だけを毎月手にすることができるようになります。不動産屋さんにはもちろん手数料を支払う必要がありますが、それでも利益を安定してあげることが可能になってきます。賃貸物件をリノベーションによって魅力的に改造する場合には、契約の段階でその点についてしっかりと打ち合わせをしておくことは良い方法です。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください