レンタルオフィスで審査に通るために必要なこととは

レンタルオフィスの新宿ビジネスガーデン:TOP > コラム > レンタルオフィスで審査に通るために必要なこととは

レンタルオフィスで審査に通るために必要なこととは

レンタルオフィスには審査がある


レンタルオフィスを利用するためには審査を受ける必要があります。それぞれの企業で条件は異なっているのですが、多くの物件では審査を実施しています。誰でも借りられるというわけではないのです。きちんと必要書類を用意して、それを提出して結果を待たなければいけません。場合によっては落ちてしまうこともあるでしょう。
賃貸物件には大抵の場合、審査が用意されています。これはどうしてでしょうか。これは信頼できる人にその物件を貸さないと問題を起こされてしまう可能性があるからです。たとえば賃料を支払わないという人がいるかもしれません。レンタルオフィスというのはオフィスとしてのスペースを提供して、その代わりに賃料を受け取ることによってビジネスが成立しています。もし賃料がきちんと支払われなければ利益が発生しないでしょう。本来、そのスペースを誰かに利用してもらっていたら利益が発生するはずだったのに、賃料を滞納してしまう会社があれば大きな損失になってしまいます。そのようなケースがあったとしても、すぐに退去してもらうことは難しいでしょう。面倒な作業をしなければいけません。裁判沙汰に発展することもあります。このような面倒事を避けるためには、事前に審査をして、本当に信用できる会社にのみ貸すのが最適でしょう。
きちんと賃料を毎月支払えるだけの利益をその会社の事業に期待できるのかも重要です。レンタルオフィスの場合は申し込みのあった会社の事業内容をきちんとチェックするのが一般的となっています。新しいビジネスを始めようとしている企業に対しては貸し出さないというケースもあります。このような理由から審査が行われるのです。

審査項目について


それではレンタルオフィスの審査ではどのようなことをチェックされるのでしょうか。まず用意しなければいけない書類がいくつかあります。申込書の他に身分証明書や銀行の届印、事業内容に関する資料などが必要です。さらに印鑑登録証明書や登記事項証明書といったものも要求されます。これらの書類に不備があると利用することができません。また、書類の内容もしっかりとチェックされます。
結果についてはすぐに通知されることが多いでしょう。内容については、まず事業内容やレンタルオフィスを利用する目的はしっかりと確認されます。これらについてきちんと納得してもらえる説明をすることができなければ通過しません。担当者から事業に関して質問をされることがあります。そのときにきちんとした受け答えができなければ落とされるでしょう。また、それまでの経歴とこれから始めようとしている事業に関連性がなかったり、実績がない場合も落とされる可能性があります。もっと基本的なこととして、言葉遣いやマナーといったことも確認されます。
オフィスのレンタルでは同じ建物に別の会社も入居していることが多いのです。そのため問題のある会社にレンタルしたくないというのが本音となっています。入居者同士でトラブルが発生すれば大変なことになってしまいます。そのため慎重に入居希望している会社のことについて調べようとしています。
嘘の申告をしてしまうことがあれば通過できないでしょう。また、あとでその嘘がバレてしまえばすぐに強制退去させられてしまうこともあります。そのため注意が必要です。

物件によって条件は異なる


レンタルオフィスによってどのような条件を設定しているのかは異なります。たとえば保証人を用意しなければいけない物件もあれば、保証人は必要のない物件もあります。保証人というのは万が一のことがあったときに責任を取らされる人のことです。申込者が信用できる人物や会社であることを保証する人となります。保証人をなかなか用意することができないというケースもあります。その場合には保証人が不要な物件を選ぶと良いでしょう。
敷金が0円の物件もたくさんあります。これは一般的な賃貸物件と同様です。敷金というのはその物件を借りるときに支払わなければいけないものであり、保証金のようなものです。通常はそこを退去する際に敷金は戻ってくることが多いでしょう。しかし、できれば払いたくないという方はたくさんいます。
基本的に審査の基準については公開されていないことが多いです。そのため落とされてしまったとしても、その理由が分からないというケースがあります。しかし、別の物件では簡単に通過してしまったということもあるでしょう。そのため、一つの物件で駄目だったとしても、別の物件ではもっと条件がゆるくなっている可能性があります。諦めずにいろいろな物件にチャレンジしてみると良いです。
年収が低かったり、個人で開業をしているような方は信用が低いため落とされてしまう可能性もあります。この場合は賃料の安い物件を選択すれば、比較的条件はやさしくなっていることが多いでしょう。レンタルオフィスはとても便利なものですが、利用するまでにはハードルがあるのです。

次の記事へ

 
ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください
 

レンタルオフィスで審査に通るために必要なこととは|東京にある格安レンタルオフィス・貸事務所の【新宿ビジネスガーデン】

52.197.151.203