レンタルオフィスで重要な電話番号はどうするのか

  • TOP > コラム > レンタルオフィスで重要な電話番号はどうするのか

    レンタルオフィスで重要な電話番号はどうするのか

    レンタルオフィスという考え方


    昨今では、インターネットによるビジネスというのも多く利用されるようになってきました。こういったビジネスを展開するという場合においても、やはり重要なポイントとなるのが事務所の存在です。実は特定商取引法という法律によって、商取引を行う業者は住所や電話番号などの情報を公開しなければならないというルールがあります。このルールについて考える際、自宅で業務を行うことが多いという場合にはどうしてもその住所を公開することになってしまい、セキュリティ上の問題が発生してしまうことも考えられます。このような場合でなくとも、オフィスを持っているということは大きなメリットがあります。しかし、やはりオフィスを借りて運用できるようにするためには、収益のことを考えると高いハードルがあることも事実です。こういったことを考えた時に使用することを検討できる方法の一つとして、レンタルオフィスというものがあります。ここでは、このレンタルオフィスがどのようなものであり、どのような利用方法を検討することができるのかについて紹介します。
    レンタルオフィスにおいて大きなポイントとなっているのは、単純に住所が利用できるというだけではありません。住所だけを使用できるようにするものではなく、実際に事務所として使用することができるようにするというのが、レンタルオフィスにおける強みの一つでもあります。さらに、運用している会社によって利用できる内容には違いがありますが、オフィス運用を行なっていく上で必要となる、様々なサービスが合わせて使用できるようになっていることが多いのも強みの一つと言えるでしょう。ここでは、利用できるサービスの1つとして、電話に関するものを紹介します。

    レンタルオフィスの電話秘書サービス


    レンタルオフィスで使用することができる電話のサービスについては、電話秘書というものが存在しています。これは、専用電話番号に対してかかってくる様々な連絡に対して、自社名によって対応を行なってくれるサービスのことを指しています。ビジネスの形式にもよりますが、自分が一人で運営している会社である場合、どうしても、自分で対応することができない問題が発生する可能性があります。こういった連絡を逃してしまうのは、ビジネスチャンスを逃してしまうことにも繋がるものですので、出来る限り対応できるようにしておきたいというのが、多くの人が考えることでしょう。そういった場合において代わりに対応を行なってくれるサービスがあるのは強みとなります。
    この対応のサービスについては、どのような料金体系となっているのかを事前に確認しておくのが良いでしょう。サービス内容と合わせてその料金の設計を確認しておく必要があります。例えば、完全に連絡を代行してくれるようなものには、保証金システムとは別に、一定以上のコール数があるときに従量課金のようなシステムが取られている場合もあります。この場合、どの程度の連絡が入る可能性があるのかということを考えつつ、利用を検討することが重要になるでしょう。また、日本語だけではなく英語での対応についても可能になっているようなケースもあるため、こういったものを利用することができれば、ビジネスチャンスを国内に限定すること無くより幅広く対応できます。

    レンタルオフィスの電話番号取得


    レンタルオフィスの利用について考えるのであれば、その基本的なサービスの内容として電話番号の取得を行うことができるようになっているのかを確認しておく必要があります。特定商取引法に於いては、住所だけではなく電話番号についても公開が行われることになるため、これが使用できるようになっているかどうかによって、どうしてもサービスの内容が左右されることになってしまうためです。基本的にはこのような目的で運用されているサービスである以上、専用番号の取得が基本料金の中に含まれている事が多いでしょう。また、中には機材自体についても事前に準備が行われている場合があり、このような場合においては特別な準備をすること無く利用を開始することができるようになっているため、メリットが大きいものとなります。
    また、中には自分で回線を引いて使用できるようにしているオフィスというのも存在しています。こういったオフィスについては、多くの場合において工事費用や手続きなどについては自分で行う必要がありますが、利用したいサービスが特殊である場合などについてはこのような方法から利用を検討することも十分に考えることができるでしょう。この他にも、合わせて貸し会議室として使用できるようになっているケースや、私書籍のサービスなどが展開されている場合などもあるため、自分が展開したいと思っているビジネスの内容に合わせて使用する内容を考えることができるというのが強みです。これらの部分についても十分考えつつ、サービス面と料金を照らし合わせて考えるようにすると良いでしょう。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください