小さな企業なら東京でもレンタルオフィスがぴったり!

  • TOP > コラム > 小さな企業なら東京でもレンタルオフィスがぴったり!

    小さな企業なら東京でもレンタルオフィスがぴったり!

    レンタルオフィスは利便性の高さを生かす



    会社を設立したいと思う気持ちは、非常に重要です。新たな事業をスタートすることによって得られるものは、とても大きなものとなるでしょう。しかし、新規事業ともなれば、何処に落とし穴があるのか分かりません。大きなリスクを抱えることには間違いないからです。そんなリスクの中で、会社を設立する場所の問題があります。建物を持っていれば問題はありませんが、ほとんどの場合、どこかで借りてこなければならないでしょう。そんな時には、レンタル・オフィスの利便性が大きく役立ちます。


    ※取り扱っている賃貸オフィスではなく、イメージ画像です。

    非常に大きなメリットをもつ



    レンタルオフィスは、貸事務所に比べると、遥かに低予算で済ますことができます。近年、起業家の間でも浸透してきた方法といえるでしょう。ただし、条件によっては、事務所を借りたほうが安くなる場合もありますので、よく検討して行かなければいけません。

    よく比較されるのが、バーチャルオフィスでしょう。バーチャルオフィスの場合には、仕事場としてのオフィスではありません。あくまでも私書箱や電話受け継ぎの機能を持っているだけのものであり、場所としての機能を果たすものではないのです。

    レンタルオフィスの場合には、仕事場とすることができるスペースがあります。バーチャルオフィスというと、昨今、振込詐欺や出会い系サイトの事務所にされるなど悪いイメージがついてきてしまっています。大手の取引先や、融資銀行から見てみると、とても危険なイメージが付きまとってしまうことになるのです。これは、取引ということを考えても不利な印象を与えることになるでしょう。その点で、事務所スペースも確保することができるレンタルオフィスは、確実な選択肢になってきているのです。



    似たようなものにコワーキングスペースもあります。一般的な企業のオフィスのような環境をシェアすることで成り立っている方法です。業場自体を共同で使う方式のため、お互いが見えてしまうデメリットがあるといえるでしょう。その点でも、レンタルオフィスならあくまでも個室ですので、企業としての情報も安全に確保することができるのです。メリットとして考えても、非常に大きなものとなるでしょう。

    立地条件として考えた場合、小さな企業として貸事務所を探すと、どうしても資金オーバーになりやすくなります。特に東京都心で考えた場合、企業としての立地は良くても、とてもペイできない可能性が高まるのです。その分だけ利益率も上げていかなければいけなくなるのですから、立地は良くても、経営的には不利な条件になるのは当然のことでしょう。

    レンタルオフィスの場合には、費用を抑えることができるだけではなく、立地を見ても一等地に立っている場合がほとんどです。起業した初期の段階から、ビジネスに適した一等地の中で費用を抑えて仕事をすることができるのですから、大きなメリットとなるでしょう。

    一般的に東京などで貸事務所を借りるとするのであれば、賃料の12か月分を保証金として提示する必要が出てきます。これは、起業する場合には大きな出費となってしまうでしょう。



    レンタルオフィスの場合には保証金が必要となりますが、1カ月で済ませることができるため、初期費用を格段に抑えることができるのです。デスクやオフィスチェアーも常設されているため、備品購入費の必要がありません。

    つまり、ほとんど費用投資をしないで東京でも事務所を構えることができるのです。

    ある程度成長してくると、接客する可能性も出てくるでしょう。そんな時に、もっと大きなところでなければと思うかもしれませんが、レンタルオフィスの場合には、会議室あることがほとんどです。こうした場所をその場でレンタルすれば、必要以上に投資が必要になりません。

    業績に応じて大きな空間にしやすいところも重要でしょう。1人用のオフィスから数人で使える大きさまでそろっているため、余裕ができたら変更するということもできるのです。身の丈にあったスペースにすることができるのは、費用を抑えるためにも重要といえるでしょう。

    法人口座の開設や登記という問題に関しても、レンタルオフィスは容易です。バーチャルオフィスは実際にかなり厳しくみられていることが多く見受けられることからも大きな違いといえるでしょう。



    レンタルオフィスが持つデメリット



    メリットがあれば、デメリットも存在します。起業を考えるのであれば、確実にとらえていかなければいけません。レンタルオフィスは、料金が細分化されています。必要なものを選ぶことが大切ですが、あまりに何でも付けてしまうと、貸事務所を借りるのと費用がほとんど変わらなくなることも出てくるのです。経営する以上、こうした細かな条件を精査し、必要なものだけを選ばなければいけません。逆に言えば、必要なものは何でも揃うともいえます。

    設備も備え付けのものとなりますので、自由に変更はできません。当たり前のことではありますが、手軽である代わりに、そこまでの自由度はないことを理解しておく必要があるでしょう。



    対外的な信用度という面でも、貸事務所に比べれば劣ってしまいます。どういった条件と内容で借りていくのか、よく考え計画することが求められるのです。

    このようなデメリットもありますが、計画をしっかりと立てて対応すれば、何も大きな問題にはなりません。起業を考えるうえでも、細かな計画を立てているからこそ、選んでいるはずですので、メリットを活かせるようにしていくことが重要です。

    よく読まれる記事


    新宿でも貸事務所より低予算で済むレンタルオフィス
    渋谷で起業したいなら格安のレンタルオフィス探しから
    賃貸オフィスや東京の魅力について
    格安で借りられる新宿の賃貸オフィスが持つ数多くメリット
    東京の賃貸オフィスの選び方
    レンタルオフィスの豆知識や来客用の応接完備について
    新宿で激安賃貸オフィスを使って起業する
    起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください