小規模オフィスだからこそ重要なレイアウト

  • TOP > コラム > 小規模オフィスだからこそ重要なレイアウト

    小規模オフィスだからこそ重要なレイアウト

    オフィスによって重要となるレイアウト


    企業として考えると、オフィスのレイアウトを考えることはとても重要です。効率ということにもつながってくることは間違いありません。必要なものをどこまで機能的に配置することができるのかを考えていかなければいけないでしょう。特に小規模の場合には、何でも詰め込めばいいとなりがちです。ですが、一度決めてしまうと、なかなか変更できないことも出てきます。だからこそ、レイアウトをしっかりと決めていくことが、オフィスには求められるといえるでしょう。
    小規模の場合、確実に考えていかなければいけないのが収納スペースの問題です。片付けようと思っていても、なかなかできないことも出てくるでしょう。実際に業務が忙しいと、手を付けにくいことも出てきます。気が付いたら書類や資料で埋め尽くされるといったことも良くある話です。この根幹にあるのは、収納スペースがしっかり確保されていないということでしょう。使いにくい収納スペースでは、人間はだんだん利用しなくなっていきます。小規模の場合には、適当に置いても影響を受ける人が少ないところが問題です。これが繰り返されることで、身動きができなくなっていくことになります。
    基本的に使うかもしれないと思うようなものは、ほとんど使いません。資料であれば、pdfなどにしてしまうという方法もあるでしょう。小規模であるがゆえに、収納スペースはレイアウトに含めにくい側面を持っています。それならば、電子化するなど方法も考えていくことで、オフィスレイアウトに余裕を持たせることもできるようになっていくでしょう。

    図面の活用が活路を開く


    小規模オフィスの場合、人数も限られてきます。場所も小さくすることができるメリットがある反面、仕事ができるスペース確保が重要になってくるでしょう。それとともに、オフィスの中を人が通れるかどうかも考えていかなければいけません。いろいろと必要なものを置き、作業スペースを確保してみたら、実は人がやっと通れる程度しか隙間が空かないということも出てきます。この危険性が特に出てくるのが、縦長のスペースでしょう。どんどんと配置していくと、奥に行けなくなることも出てきます。特に奥からレイアウトを決め始めてくることになるため、気が付いたら動けないということも少なくありません。
    そうならないようにするためには、図面が重要です。一体何が必要なのか、図面の上に配置をしてみます。机などの什器類もありますし、コピー機や電話などの配置、パソコン関係の配線や電源などもこれではっきりしてくるようになるでしょう。必要なものを並べてみると、窮屈で使えないといったことも防ぐことができるようになります。できるだけ細かく考えていくことで、精度を上げることができるようになるため、レイアウトを考える場合には、事細かに考えていくことが必要です。
    そのためには、ルールを決めなければいけません。小規模だからこそ、効率的に使うことができるように、関係性の強いものは近くするといった考え方をまとめておきます。ルールが決まってくると、レイアウトに条件付けができるようになり、はっきりと決められるようになるでしょう。男女間のプライバシーなども、ルールとして盛り込んでいくことが大切です。

    小規模オフィスにはレンタルオフィスが便利


    小規模といっても、実際に何人で利用するのかということもレイアウトには大切です。2人から5人程度になると、男女の社員が混じることも出てくるでしょう。さらに、業務の中心となる人も出てきます。効率的に進めていくためには、こうしたことを考慮しながら進めていくことになるでしょう。中心となる人から、どこまで目が届くのか、連絡が付きやすくなるのか、役割分担まで含め効率化を進めていくことが必要です。
    逆にもっと少なく1人だけのオフィスとするのであれば、自由に決めることもできます。その反面で、すべてのことを自分でやらなければいけません。手が届くような場所に配置することができるのかがポイントになってくるでしょう。自分に合うような環境を作り出すことができるのか、大きな分岐点になってきます。なんでも必要になるとは限らないため、最小限の荷物にしてみるということも必要です。いらないものを削ってみると、シンプルな空間で済むようになることも珍しくありません。実際にPCと電話があれば機能することもあるでしょう。そこで、レンタルオフィスにしてしまうというのも重要な選択になってきます。
    小規模であれば、必要なものはそろっています。来客がきた時にも、会議室を利用すれば簡単に対応することができるでしょう。余計な荷物を置かずに済みますし、持ち込むものも最小限にすることができます。レイアウトに悩むこともなく、すぐに使い始めることができるのですから、1人から数人までの小規模であれば、便利な方法といえるでしょう。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください