新宿で商業テナントを借りるのと貸事務所の利用どちらが得か

  • TOP > コラム > 新宿で商業テナントを借りるのと貸事務所の利用どちらが得か

    新宿で商業テナントを借りるのと貸事務所の利用どちらが得か

    レンタルオフィスのほうがお得


    皆様は新宿で商業テナントを借りるとなると、どれだけの費用が必要になるかご存じでしょうか。業種によってはどうしても商業テナントが必要になるというケースもあるでしょうが、新宿でこうしたテナントを賃貸するとなると相当な出費を覚悟しなくてはなりません。東京都内だと基本的にどこにオフィスやテナントを借りても高くなってしまいますが、新宿となると尚更です。このエリアは都内の中でも家賃が高い地域でもありますので、生半可な覚悟ではこのエリアにテナントや事務所を借りるということは難しいでしょう。
    テナントを賃貸する場合と貸事務所を借りる場合とどちらがお得かという話ですが、コストのことだけを考えれば間違いなく貸事務所に軍配が上がります。もちろん、小売業を始める場合だと貸事務所では商売できませんし、テナントを借りてそこで商売を行うことになるでしょうが、会社のオフィスを探しているというケースだと貸事務所でも十分事は足ります。コストもテナントを借りるより遥かに安い金額に抑えられるでしょう。
    商業ビルでテナントを借りるとなると、多額の出費になってしまうこともあります。ただでさえ東京は物価が高い所ですから、それは賃貸物件でも同じことです。個人用のマンションやアパートを借りるのでさえ地方都市に比べて遥かに高い出費となりますが、それが商業テナントともなれば尚更です。テナントでなくてもオフィスを借りるだけでも驚くほど高い金額になりますから、貸事務所の方が遥かに出費が抑えられます。貸事務所、いわゆるレンタルオフィスの場合だと敷金や礼金、保証金といった初期費用が不要というケースが多いですのでお得です。

    こんな人におススメ


    レンタルオフィスは事務作業ができるスペースを確保したいという方に向いています。事務作業やちょっとした梱包、軽作業ができるだけのスペースさえ確保できればいいという方にとって、レンタルオフィスほど優れた場所はないでしょう。これだけの作業のためにわざわざ広い事務所物件を借りるとなると先述したようにお金が湯水のようになくなってしまいます。レンタルオフィスは、小売のように何かをここで直接お客さんに売るということはできませんが、一般的な事務業務やちょっとした軽作業なら十分できます。
    弁護士や社労士、行政書士といった士業に携わっている方にもレンタルオフィスはおすすめできます。士業の方はわずかなスペースさえ確保できれば業務を行うことができますし、2~3人用のレンタルオフィスならお客様に来てもらうことも可能でしょう。狭い事務所を見られたくないという場合であれば、近くの喫茶店などを利用すると良いですし、特別不都合を感じるようなことはありません。また、貸会議室も運営しているレンタルオフィスもありますし、貸会議室が使えるのならそこでクライアントと打ち合わせをすることもできるでしょう。
    エンジニアやプログラマー、ウェブデザイナーといった業種の方にもレンタルオフィスはおすすめです。これらの業種は自宅を作業場としている方も多いですが、自宅だとどうしても集中でできないことも多いです。また、お客様が訪ねてきた際に自宅ではあまり印象がよくありませんし、それなら都内の一等地にオフィスを構えたいという気持ちもあるでしょう。レンタルオフィスなら、新宿のような一等地にもオフィスが持つことができます。

    レンタルオフィスの利用方法


    レンタルオフィスの利用方法ですが、これはレンタルオフィスを運営している会社によって変わってきます。ただ、特別大きな違いはありませんので、ここでは一般的な貸オフィスの利用方法についてご紹介します。まず、ほとんどのレンタルオフィスの運営会社はインターネット上でホームページを運営していますから、そこから申し込みを行うことになります。企業によってはレンタルオフィスだけでなく貸会議室や私書箱なども運営していることがありますから、必要なサービスを選択して申し込みをします。
    申し込み時には本人確認ができる公的な身分証明書が必要になるケースが多いですが、ここは企業によってまちまちですから事前にしっかり確認しておきましょう。また、法人と個人とでは必要書類に違いがあるケースもありますから注意が必要です。個人だと申込書と身分証明書、住民票などがあれば大丈夫なケースが多いですが、念のために運営会社に確認しておくことが重要です。また、実際に部屋を見たい場合には内覧もさせてくれる所もありますので、心配な方は内覧をしてから決めるようにしましょう。
    申し込めば誰でも利用できるわけではなく、審査が行われるケースが一般的です。審査にどれくらいの期間がかかるかは運営会社によって変わってきますが、大抵3日以内に行われることが多いでしょう。審査をクリアすることができれば、本契約となり利用ができるようになります。レンタルオフィスには最初から電話やOA機器が備わっていることが多いですから、少ない料金で本格的なオフィス運営が可能となるでしょう。事務所を探しているという方は、この機会に是非検討してみてください。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください