新宿で貸事務所を借りる際の方法と注意すべきこと

レンタルオフィスの新宿ビジネスガーデン:TOP > コラム > 新宿で貸事務所を借りる際の方法と注意すべきこと

新宿で貸事務所を借りる際の方法と注意すべきこと

貸事務所を利用する


インターネットが普及したことによって働き方は多様化しています。昔は就職してその会社に定年まで働き続けることが当たり前でしたが、今は転職する人も、独立して自営業として働く人も、フリーランスで活躍する人も増えています。色々な働き方が出てきたことで、昔よりも開業も少ない資金で、そして簡単に進められるように変化をしており、今後も独立開業する人が増えることが見込まれている状況です。
このような状況ですから、自分自身も会社員時代のノウハウを参考に独立開業したいと考えている若い人も少なくありません。終身雇用制が崩壊してしまいましたし、長引く不況の影響から会社の中でもリストラや賃金カットの危険もあります。思うように給与を得ることができない、自分のやりたい仕事ができないという状況を解決するために、独立開業して自分のやりたい仕事を自分のペースでやりたいと思う人も多いです。
独立開業して働いている人が増えているものの、自分で仕事を始めるならばオフィスを構えることが必要になります。仕事によっては自宅でできるケースもありますが、賃貸でも分譲住宅でもマンションのような集合住宅では特に仕事利用するということが禁止されている物件も多いです。そのため、自宅ではなくオフィスを借りて営業しなければならないことがあります。
そのような時に利用されるのが貸事務所です。一般的な賃貸物件とは違い、開業してオフィスとして利用することを目的としている物件ですから、基本的に事務所としての営業であれば問題なく利用することができます。貸事務所は近年ニーズの高まりから数を増やしており、誰もが憧れる新宿にオフィスを構えるということも可能です。

貸事務所とレンタルオフィスの違い


最近ではレンタルオフィスもどんどんと数を増やしています。特に新宿をはじめとした都心部には多くの貸事務所とレンタルオフィスがあり、どちらを選ぶべきなのか迷う人も少なくありません。きちんと両者の違いを理解して借りることが重要です。
二つの違いとして最初に挙げられるのが、利用料金の違いがあるということです。利用するにあたっては初期費用と維持費が必要になります。どちらでも物件の条件や広さによって初期費用も維持費も違ってきますが、全体的にレンタルオフィスの方が初期費用も維持費も安いです。貸事務所は利用するにあたっては不動産会社や企業サポート会社からの仲介で借りることが多く、礼金や保証金、前家賃といったものが必要です。さらに、スケルトン物件ですから内装工事費用も必要になります。
それに対してレンタルオフィスはほとんどの場合が敷金や礼金が必要ないですし、元々からオフィスの内装が整っており、什器もほとんど新たに用意する必要がありません。この点で初期費用がかなり違っています。ただし、維持費については細かなプランや取り決めがあるためにレンタルオフィスの方が高くなることも多いです。
これらの違いから、どちらを借りたら良いかというのは自分たちの仕事の業種やオフィスを構える期間によっても違ってきます。長い期間かりるとなれば維持費が安い貸事務所の方がリーズナブルです。設備についてもレンタルオフィスに備え付けのものでそのままのレイアウトで営業できるならば問題ないですが、来客対応等でレイアウト変更の必要があるという場合や備え付け以外の設備を導入する必要があるという場合には、レンタルオフィスが割高になることもあります。

新宿で貸事務所を借りる


新宿は多くの電車が乗り入れている場所ですし、都内の中心地ですから仕事をするにはとても適した地域です。立地が良いということ、新宿にオフィスを構えることができることに気持ちが高まってしまうとどのような物件もよく見えてしまうことがあります。しかし、オフィスというのは仕事をする場所ですし、長く使うことになりますから後悔しないためにも慎重に物件を見て適切であるか判断することが重要です。
まず、住居とは異なりオフィスとして必要な面積を把握することは意外と難しいことです。気に入った物件でもいざ荷物を搬入すると思っていたより狭かったり、逆に広すぎてスペースが余ってしまったりすることもあります。そこで、目安となる広さを頭に入れて探すと適切な広さが見つけやすいです。一般的にオフィスは一人当たり6平方メートル、それとミーティングスペースが10平方メートルあれば良いとされています。また、実際の間取り図に自分たちの持っている設備や什器を入れたイメージのサンプルを作って動線確認までしておくと失敗が避けられます。
次に初期費用の問題です。貸事務所を借りるとなれば保証金や前家賃、仲介手数料、保険料などかかりますし、それ以外にも必要な家具や設備の購入費用も発生します。そこで、それらの費用を捻出することだけでなく、支払った後に手元に残る資金や開業後の家賃の支払いについても考えることが重要です。これらのことを物件を探すことや開業するための手続きと並行して考えながら慎重に物件探しをするようにしましょう。特に新宿のように良い条件の土地は家賃が決して安くないですからちょっとくらいなら無理をしても、という気持ちが後から大きな負担になることもあります。

次の記事へ

 
ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください
 

新宿で貸事務所を借りる際の方法と注意すべきこと|東京にある格安レンタルオフィス・貸事務所の【新宿ビジネスガーデン】

52.197.151.203