新宿の裏路地にある賃貸オフィスと貸事務所の比較

  • TOP > コラム > 新宿の裏路地にある賃貸オフィスと貸事務所の比較

    新宿の裏路地にある賃貸オフィスと貸事務所の比較

    新宿でオフィスを借りるリスク


    日々大勢の都民が行き交う東京新宿には、数えきれないほどの賃貸物件があります。表通りにもたくさんの商業ビルが建ち並んでいますし、賃貸物件の数はどの地方都市よりも多いでしょう。新宿の表通りで賃貸物件を借りるとなると高くつくため、裏路地のオフィスを探しているという方もおられるかもしれませんが、新宿の場合は裏路地にあるような物件でも家賃が高いケースがほとんどです。東京都内は基本的にどこでも家賃が高い傾向にありますが、新宿のような都内の中でも一等地に属するエリアは、たとえ裏路地であったとしても賃料は高くなりがちなのです。
    賃貸オフィスをこのエリアで借りるとなると相当な出費を覚悟する必要があります。月々の賃料が高いのは当然のことですが、契約時に支払うことになる賃料も相当な額になってしまうでしょう。敷金や礼金、保証金などだけでも三桁になってしまうことが多いですから簡単に借りられるようなものではありません。また、お金の問題だけでなく都内の事業用物件の場合だと審査も厳しいですし、保証人がいないと貸してくれないケースもあります。
    そこで、貸事務所という選択はどうでしょうか。レンタルオフィスとも呼ばれる貸事務所も都内にたくさんありますし、もちろん都心であるこのエリアにもたくさんあります。一般的な賃貸オフィスとどう違うのかということですが、まずは一カ月の賃料が安いということが挙げられます。月々の賃料が安いというのは借りる側としては大きなメリットですし、浮いたお金を会社の運営資金や設備資金に回すこともできるでしょう。毎月支払う必要がある賃料ですから、安いに越したことはありません。これは貸事務所の大きな魅力です。

    初期費用が抑えられるメリット


    初期費用を大幅に安くできるのも貸事務所のメリットです。賃貸オフィスを借りるためには敷金や礼金、保証金などさまざまな費用が必要となりますが、レンタルオフィスの場合は月々の使用料金だけです。敷金や礼金といった余計な費用はかかりませんから、少ない資金で起業することが可能となります。起業したばかりの頃はどのような会社でも資金繰りに苦労しているものですし、なるべく現金はプールしておきたいものでしょう。このような状況において、レンタルオフィスは強い味方となってくれます。
    毎月の賃料は支払えても初期費用を用意できない、というケースは多々あります。地方都市でちょっとしたオフィスを借りる場合だと比較的リーズナブルに借りられることもありますが、都内だとそうはいきません。小さなオフィスでも地方の数倍を超えてしまうことは多々ありますので、とてもそのような大金は用意できないという方もいるでしょう。また、無理して借金でお金を用意できたとしても経営が軌道に乗らなかったとなると大変です。いたずらに借金だけを増やしてしまうことになるでしょう。
    レンタルオフィスであればそのような心配はありませんし、もしビジネスが軌道に乗らず撤退しようとしたときもすぐに撤退できます。月々の使用料金さえ支払っておけば大丈夫ですし、余計な金銭的負担はありません。ビジネスが軌道に乗った、大きな利益を上げることができたとなれば都内でしっかりとしたオフィスを構えれば良いですし、その段階になれば賃貸物件の法人契約もしやすくなるでしょう。まずはレンタルオフィスから始めることをおすすめします。

    レンタルオフィスの注意点


    都内でレンタルオフィスを提供している企業はいくつかありますが、どのようなレンタルオフィスなのかは運営元によって大きく変わってきます。内装がどのようになっているのか、標準で備わっている設備は何なのかといった部分もレンタルオフィス単位で変わってくるため注意しましょう。
    これからレンタルオフィスを都内で借りるのならきちんと内見はしておくことをおすすめします。内見をさせてくれるところがほとんどだと思いますが、もし内見できない場合は少し慎重になったほうが良いでしょう。内見しないことにはどの程度の広さなのか分かりませんし、作業に集中できる環境なのかどうかを判断することができません。写真で見たときには作業に集中しやすそうな環境だったのに、いざ利用してみると周辺の騒音が酷くて作業にまったく集中できなかったということも考えられます。このようなことが起きないためにも事前の内見は絶対に必要と言えるでしょう。そのため、レンタルオフィスを探すときには契約前の内見ができるかどうかをきちんと確認しておくことが大切です。
    標準設備やオプションも運営元によって大きく変わってきますから、ここも確認しておくべきです。レンタルオフィスによってはネット回線や電話、コピー機などが標準で備わっていることがありますが、中には有料オプションになっていることもあります。このあたりはレンタルオフィスによって変わってくるため、事前の確認が欠かせないでしょう。なるべく標準でいろいろな設備が整っていたほうがコストが削減できます。そのため、オプションの種類についても確認しておくことです。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください