東京でも駅に近い賃貸オフィスの利点

  • TOP > コラム > 東京でも駅に近い賃貸オフィスの利点

    東京でも駅に近い賃貸オフィスの利点

    時代に合わせて生まれてきた現代型の賃貸オフィス


    時代とともにさまざまなことが進化していきますが、賃貸オフィスも大きく変化してきているといえるでしょう。一昔前を考えてみると、まずは不動産会社に相談をしに行き、数ある物件の中からよさそうなものを探し事務所を借りるということが一般的な方法でした。そのあとは、必要なオフィス用品を持ち込み設置するというかたちだったでしょう。インターネットは必須ですので、回線を準備して備品などをそろえていくのですからかなりの手間と時間も必要でした。これが当たり前だった時代は何も不思議ではなかったことも確かです。
    ところが、現代は違います。こうした不便な方法をとるのではなく、少しでも便利な物件から決まっていくのですから、競争に勝つために利便性を向上させている物件が増えました。インターネット回線は引いてあるのが当然で、他の備品も揃っており借りた翌日から業務がスタートできる環境となっています。こうした物件はやはり借りやすいことから、便利な物件はどんどん増えていますし賃貸オフィスを選ぶときにも重要な物件となってきているといえるでしょう。
    こうした賃貸オフィスであれば、個人事業主でも負担を最小限にすることができます。東京のように地価の高いところでも、最小限のパッケージを探すこともできるようになるでしょう。必要なものは一揃いあるのですから、余計な投資もいりません。デスクやイスもサイズが合ったものを用意してあるのですから、失敗することもないでしょう。それこそ、パソコンひとつ持ち込むことができればその場で仕事になるのですから、賃貸オフィスは重要な意味を持つようになってきているといえます。
    賃貸オフィスを東京で、それも駅に近いような立地で探すというのも大変なことでした。非常に高額な物件ばかりで個人事業主や小規模な会社ではとても借りることができなかったのも確かです。それも過去の話であり、大きく変化してきたのも、新しい時代になってきているといえるでしょう。

    負担の少ない選択肢として


    現在の賃貸オフィスの特徴は、何もすべてがそろっているだけではありません。東京など地価の高いところでは、ビルのひとつのフロアーを細かく区切ることで、安価で借りることができる物件が増えてきています。高額な物件であっても、こうした区切りをすることによって一区画当たりの費用を抑えることができます。小さな会社でも個人事業主であっても、このような物件であれば東京でもオフィスを持てるようになれます。
    こうした賃貸オフィスを選べば、簡単にひとりで起業することができます。大きな負担が減ることにより起業しやすい環境を作ることができますし、余剰資金を他に回すこともできるようになります。もしもうまくいかなかったとしても、撤退する時期を見誤らずに済むでしょう。身軽であるということはさまざまな恩恵をもたらしてくれるのです。
    会議をしたり打ち合わせするスペースが足りないというときでも、貸し会議室を利用することができます。こうした設備がついている物件も増えてきており、選択の幅が広がってきています。必要な時に必要な設備を使って済むようになれば、それだけ費用負担を軽くすることもできるでしょう。駅に近い物件を格安で借りることができるようになるだけではなく、大きな価値をもたらしてくれるのです。通勤に労力をかけない現代型の賃貸オフィスとして、駅に近いということは大きな意味を持っています。

    東京に借りるということの大きなメリット


    現代型の賃貸オフィスはなにも起業だけのものではありません。東京という立地で事務所をもつということは多くの恩恵があるでしょう。資金の少ない段階から東京の一等地に事務所を構えるというのは、何も夢をかなえるといったレベルではありません。取り引きするうえでの信用を大きく高めることもできるでしょう。
    東京でオフィスを借りることにどのようなメリットがあるのかといえば、多くの企業が集まっていることです。もしも、関連企業が近くにあれば連携することもできるようになるでしょう。取引先であれば打ち合わせを繰り返すことも簡単です。IT化が進み、距離という概念が薄くはなってきています。だからこそ、駅に近い優れた立地のオフィスを構えることができれば顔合わせや打ち合わせも簡単にできるようになるでしょう。その点で、多くの企業が集まっている東京で駅に直結した立地で居を構えるというのは大きなメリットをもたらしてくれるのです。もちろん、東京に事務所があるというだけで話の弾み方も違うでしょう。
    賃貸オフィスとしては、非常に小さなスペースかもしれません。ですが、利便性の高い立地にするということは、大きなメリットがあるのです。イニシャルコストもランニングコストも抑えることができるのですから、これからの時代にあった方法として大きな選択肢になっていくことは間違いありません。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください