東京の特徴と賃貸オフィスが改修工事になったときの対処

  • TOP > コラム > 東京の特徴と賃貸オフィスが改修工事になったときの対処

    東京の特徴と賃貸オフィスが改修工事になったときの対処

    改修工事になったときに


    東京は日本における政治経済の中心地であり、国内でもっとも繁栄しているエリアでもあります。国内を代表する主要な大手企業の本社なども東京にありますし、流行や文化の発信地であることも間違いないでしょう。また、政治経済の中心地であると同時に国内屈指の観光都市としても知られており、一年を通して大勢の観光客が足を運んでいます。日本各地からも毎年のようにたくさんの方が東京に足を運んでいますし、外国人観光客の姿も大勢目にします。至るところに観光スポットがあり、外国人向けスポットが多いのも特徴的でしょう。
    賃貸オフィスも東京にはたくさんありますし、このエリアでビジネスを始めたいと考えている方だと賃貸オフィスの契約も検討しているのではないでしょうか。しかし、借りようと考えていた賃貸オフィスや今現在オフィスとして使っている建物が改修工事になってしまったというシーンに遭遇することも考えられます。このようなシーンにおいて重宝できるのが貸事務所です。貸事務所は毎月の使用料金を支払うことで利用できるレンタルオフィスで、オフィスが改修工事などで使えないときの一時的な事務所として使用することもできます。
    建物の老朽化が進んでしまったり、外観や設備が古くなりすぎると改修工事が行われることはよくあります。しかし、その建物にオフィスを構えている企業からすると工事によって事務所が使えない、工事の騒音で集中して業務を遂行できないとなると大問題でしょう。貸事務所を借りることでこうした事態に陥っても業務を続けることができますし、大きな損失を受けることもなくなります。ほかにも貸事務所はさまざまなシーンで活用できますし、オフィスを借りるお金を安くしたいという方にもおすすめです。

    初期費用と賃料の安さ


    賃貸物件を契約したときには必ず初期費用が発生します。代表的なところだと敷金や礼金が挙げられ、ほかにも火災保険料や保証金、前倒し家賃など入居前に支払うべき費用はたくさんあります。住宅を借りるときでも当然のように発生する初期費用はオフィスを借りるときにも発生しますし、事業用物件ともなると住宅を借りるときよりも多額の初期費用が必要になることも珍しくありません。レンタルオフィスは物件を借りるときの初期費用をなるべく抑えたいというケースにも最適ですし、実際それを求めてレンタルオフィスを選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。
    具体的にレンタルオフィスを借りるとどれくらいの費用が必要になるかはレンタルオフィスによって異なるため一概には言えません。ただ、間違いなく言えるのは、普通の賃貸オフィスを借りることに比べたら遥かに割安になるということです。一般的に敷金や礼金は家賃の2、3カ月分と言われていますし、前倒しで入金を求められる家賃も2カ月分が多いです。事業用賃貸物件となると一カ月の賃料も高めが多いですし、日本の首都である東京で構えるとなると尚更でしょう。
    オフィスを準備するとなると、多額の費用が必要になるケースがあります。レンタルオフィスの場合はファミリー向けマンション以下の使用料になっていることが多いですし、毎月それだけのお金を支払えばスペースを利用できます。初期費用はほとんどかかりませんし、解約したいときにはいつでも解約できるという強みもあります。初期費用を抑えて月々の賃料もできるだけ安くしたいと考えている新興企業などにはおすすめではないでしょうか。

    設備が最初から整っている


    オフィスを構えるとなると業務に必要な設備も揃えなくてはなりません。パソコンを使うためのデスクやチェアは当然必要となりますし、プリンターや電話も必要となるでしょう。携帯電話やスマートフォンが主流となった昨今ではありますが、いまだに法人では固定電話を当たり前のように設置しています。固定電話の回線すら引いていないような法人は信頼性が低いとみなされてしまいますし、事業を展開するにあたって大きく不利益をこうむってしまうでしょう。また、ネット全盛の現代においてはインターネット回線も必須です。
    事務所の設備を整えるだけでもそれなりの費用が必要となるのが普通ですが、レンタルオフィスにはこうした設備が最初から整っているケースが多いです。もちろん、貸事務所によって異なりますから絶対に揃っているとは言えないものの、電話回線やインターネット回線が最初から引かれ固定電話やコピー機などが備わっているレンタルオフィスも少なくありません。デスクやチェアなども当然のように揃っていますから、設備を整えるために必要な費用も不要となるでしょう。
    レンタルオフィスによってはスタッフが常駐し、電話の取り次ぎなどの対応をしてくれるケースもあります。これならわざわざ電話対応のためだけにオペレーターを採用する必要もありませんので、人件費を大きく削減することが可能となるでしょう。このように、規模の小さな企業や起業したばかりの会社、バーチャルオフィスがあればそれでいいという業態の企業は非常に重宝できます。該当する方、企業は検討する価値が十分あります。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください