貸し事務所を東京で経営するなら小規模サイズの事務所で

  • TOP > コラム > 貸し事務所を東京で経営するなら小規模サイズの事務所で

    貸し事務所を東京で経営するなら小規模サイズの事務所で

    小規模サイズの貸事務所が人気


    東京のような大都会で、貸事務所は大きなものよりも小規模サイズのものが人気となっています。時の流れが非常に早い東京ですので、事務所でのんびりと仕事をするということはあまりなく、コンパクトで機能的な事務所の方が、利便性が良いということになります。デスクの回りにすべての調度品があって、それをいつでも使えるような貸事務所が理想的と考えられています。
    また、地価が非常に高いので、大きな床面積の貸事務所の賃貸料は非常に高いものになってしまうため、これも敬遠されてしまいがちです。更には仕事の形態も多種多様ですので、1人で使うタイプ、2人から3人で使うタイプなど、それぞれの業務形態に合わせた貸し事務所が人気を集めています。
    仕事をする際には会社として経営をしていくほうが何かとメリットが多いものですので、会社設立の助けもしてくれるサービスを持った貸し事務所も人気となっています。また、一人で仕事をしている場合には経理面については自分で行うのはいろいろと大変ですので、その代行を事務所の方で行ってくれるところもあります。また、あらかじめコピー機、電話、ファックス、インターネットが備え付けられているサービスもあり、これは借りたその日から仕事が可能ということで人気を集めています。
    また、借り手が不在の場合には、当事者に代わり電話番をしてくれるサービスを兼ね備えた貸し事務所も人件費の節約になるために東京では人気となっています。共通で利用可能な事務所も用意されている場合も多くなっています。機能性のみが重要視され、やや温かみにかける部分もありますが、効率の良い仕事のために設計された事務所として東京のような大都会では人気となっています。

    小規模への改装


    自分が貸事務所の経営をしている場合には、思い切って小規模化を考えてみるのは長期的にみて大きな利益を上げることが可能になるかもしれません。なぜなら、小規模の方が借り手がつきやすいからです。例えば、2人から3人の従業員数で30人規模の事務所を借りるのは効率が悪いので、借りることは多くの人が敬遠してしまいます。
    30人規模で借りられる会議室というのは巷にたくさんありますので、そのような顧客を逃したとしてもあまり気にする必要はありません。むしろ30人規模の事務所の場合には競争が激しいので、十分な収益をあげられないことが多くなってしまいます。
    多くの人が30人規模の事務所をイメージしていますので、逆転の発想で2人から3人の方から使えるような小規模な事務所の経営を開始すると大きな利益につながることも考えられます。小規模化といっても、しっかりとした壁で事務所を作らなくても問題ありません。仕切りのようなもので、その希望に合わせた事務所を作って、それを事務所として借り手に提供すれば十分事足りることが多いものです。
    住居用として貸し出す場合にはプライバシーの問題がかなりでてきてしまいますが、事務所として貸し出す場合にはプライバシーの問題は仕切りによって解決できることが多くなります。また、共通の会議室を作っておいてそこでのプライバシーを高めておけば、秘密保持などもトラブルも防ぐことが可能になります。大掛かりな工事でなければ、事務所の小規模化はそれほどの費用は掛からないことが多いので、近年では多くの人が小規模化によって事務所経営を行うようになってきています。

    情報をどのように集めるのがいいのか


    東京で仕事をする時に自分の仕事場をレンタルする場合には、どのようにしてその情報を集めていくのがいいのでしょうか。仕事をする場合の事務所は生活空間とは違っていますので、それぞれの仕事の形態に合わせたものでなくてはなりません。それを個人のレベルで仕事をしながら探すのは至難の業と言っても過言ではありません。
    貸し事務所を探す際には、不動産屋さんから紹介してもらうのが良い方法といえます。不動産屋さんはその道のプロですので、良い情報を幅広くもっているのはもちろん、借り手のニーズに合った情報を提供してもらえるようになります。仕事上の秘密もありますでしょうが、借り手は不動産屋さんになるべく多くの情報と要望を提示して自分のニーズに合った場所を探してもらうようにするといいでしょう。
    仕事の能率を考えるのならば、事務所の調度品が重要なファクターといえますが、仕事は顧客との折衝も重要なファクターになりますので、事務所の雰囲気や外観、更には玄関の雰囲気なども大事なものです。仕事の内容によって雰囲気を考えなくてはなりませんので、なるべく数多くの情報を不動産屋さんから提示してもらうようにするといいでしょう。
    場合によっては、複数の不動産屋さんに問い合わせて、自分にとって一番都合の良い事務所を探し求める努力をすることが望まれます。最初の事務所の選び方でその後の仕事の成否が決まってくるとも言われています。不動産屋さんからの情報の他に、インターネットの活用もおすすめです。インターネットサイトには多くの事務所に関するレンタル情報が掲載されていますので、並行してこれらの情報も参照していくといいでしょう。

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください