貸事務所は平均坪単価と他費用で考えることが重要

  • TOP > コラム > 貸事務所は平均坪単価と他費用で考えることが重要

    貸事務所は平均坪単価と他費用で考えることが重要

    貸事務所の相場は坪単価を理解することが重要



    最近は、雇用されるのではなく、自身で起業し仕事を行うという方が多くなっています。SOHOなど自宅で仕事されている方も少なくありませんが、仕事が軌道に乗って従業員が必要という事になると、自宅では手狭なので貸事務所を利用される方もいます。起業する際、ある程度従業員が必要という場合もあるので、レンタルオフィスなど探す方も多いのですが、その際に気になるのが家賃です。家賃は地域や立地条件などによって大きく変わってきます。

    例えば東京と地方を比較すると、東京の方が家賃はかなり高くなりますし、田舎に行けばいくほど安くていい物件が多くなります。ただ、仕事を行うという上では、業務によって都会に事務所を持っていなければならないという事もありますし、地方の企業が支店を構える際にも、やはり拠点は都市部に持っていきたいと考えるのが普通です。業務と地域性が全く関係ないという業種ならいいのですが、都市部の方が仕事量も多いという場合、多くは都市部に貸事務所を借りて、そこを拠点に従業員が動くという事になります。

    気になる家賃ですが、貸事務所の相場などをどのように見ればいいか、これをまず理解していないとなりません。地域によっても環境や立地条件によっても家賃が大きく変わりますが、多くは相場で理解出来ますので、レンタルオフィスを利用したいという方はその地域で賃貸できる事務所について、平均坪単価を確認してみることが大切です。平均坪単価を知っておくことで不動産業者などから紹介されるときにも、相場よりも高い、低いという事がわかります。比較検討材料となりますので、知っておくと損のない契約が出来るでしょう。当サイトは、貸事務所について坪単価を理解しておくことのメリットを紹介します。これから起業される方、移転する場合や、新たに営業所を設けるというとき、当サイトの情報がお役に立てたら幸いです。



    賃料の比較検討には平均坪単価でみる方がお勧め



    レンタルオフィスの家賃などの比較をしたいという場合に、知っておきたい坪単価、また平均坪単価ですが、まずは「坪単価」とは何か理解しておきましょう。坪単価は、賃貸物件等で表示されている場合、売買価格を土地単価で割った金額です。

    例えば建設会社や工務店の場合、坪単価は床面積1坪当たりの工事費という事になりますし、賃貸物件については、1坪の賃料がいくらになるのかという事を表しています。「坪」というのは、間、尺などと同様、建築関係で利用される言葉で、面積、長さなどの単位の事です。1坪は1間×1間という事になり、1.1818m×1.1818mつまり3.3057㎡、約3.3㎡が1坪です。およそ畳2枚分が1坪と考えられるので、6畳の広さのオフィスという場合には3坪くらいの面積という事になります。

    家賃については通常、相場として平均坪単価と賃料の平均をデータとして出したものが利用されています。平均坪単価は、そのあたりの坪単価のデータを集めて平均値をとっているという事になります。平均坪単価がわかれば、事務所の家賃がどの程度高いのか、安いのかという事を理解する事が出来るわけです。

    もう一つの賃料から計算する場合、部屋の大きさによってかなり異なってきます。間取りタイプ別に計算されるため、タイプ別の平均賃料としてしかわからないので、平均坪単価によって賃料が相場よりも高いのか安いのか、判断する方がより正確といえます。



    その他の費用を含めてコストを考える



    貸事務所を借りる場合、経営の中で大きなコストを占めるという事をわかっておくべきです。一般的に小売業などでは3割程度を占めるともいわれるからです。同じような条件の事務所なら、やはり家賃が低い方がいいと考えるのは当然です。しかし、本当に相場より低いのかどうかという事は、その周辺の相場を知っていないとわかりません。そのため、周囲の同じような条件の貸事務所と比較をしないまま賃貸契約してしまうと、実は周辺のオフィスよりも高い賃料で借りているという事態にもなりかねません。これでは勿体ないですし、長く利用する事を考えると、もっと慎重に家賃を考えなくてはなりません。

    賃料については、敷金礼金などを入れて考えてみるというのも大切な事です。月額の賃料がもう一つの物件より安いが敷金礼金が必要という場合でも、敷金礼金無しという物件で賃料が高いという物件の方が、トータルすると安くなるという事もあります。この他にも物件によっては共済費などが必要となる事もありますし、一定期間無料という期間がある物件なども存在します。額面だけをみて安いと判断して契約してしまうと、賃料が高いと思って契約しなかった貸事務所の方が安く済んだ、という計算になる事もあります。オフィスを借りる時には、目先の費用だけを考えるのではなく、他の費用や長く見た目でどうなのかという事をしっかりと考える必要があるのです。坪単価、平均坪単価のほかに、共済費や敷金礼金、保証料などを確認し、その上で年数ごとに費用を割り出し、比較検討する方がいいでしょう。

    よく読まれる記事


    新宿でも貸事務所より低予算で済むレンタルオフィス
    渋谷で起業したいなら格安のレンタルオフィス探しから
    賃貸オフィスや東京の魅力について
    格安で借りられる新宿の賃貸オフィスが持つ数多くメリット
    東京の賃貸オフィスの選び方
    レンタルオフィスの豆知識や来客用の応接完備について
    新宿で激安賃貸オフィスを使って起業する
    起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください