貸事務所は進化している

  • TOP > コラム > 貸事務所は進化している

    貸事務所は進化している

    貸事務所の昔と今



    現代では、貸事務所という形式そのものが変化してきています。昔は、不動産屋で事務所を探し、事務所そのものだけを借りて、その後の必要準備物は自身で揃えるといったことが一般的でした。たとえば、通信回線や作業用の机や棚などは、別途自分自身で用意しなければいけないのが当然でした。しかし、最近の貸事務所というのは、借り手にとってかなり便利になってきています。賃貸物件が増えてきたということや、事務所に入居した後、作業するためのものは全て揃っているということも珍しくありません。

    たとえば、個人事業主として法務局に住所を届け出るためには、「自宅以外での住所で行いたい」という方も多いはずです。そういった際、当時は必ず不動産会社で入念に調べて、事務所を借りなければならないという状況でした。しかも前述の通り、仕事に必要なものは一から揃えなければいけないという手間がありました。

    そんな手間をかけずに、お手軽にオフィスを借りることができるシステムが「レンタルオフィス」です。レンタルオフィスはあらかじめ備え付けのものが多く、インターネット回線はもちろんのことながら、デスクや椅子、冷蔵庫やベッドまで備え付けられていることが多いです。しかも、そういった備品はレンタルオフィスの料金として含まれているので、パソコン一つさえあれば仕事が開始できます。

    そういったシステムはもはや当たり前になってきていて、個人事業主として多くの方々がレンタルオフィスで仕事をするということも珍しくありません。

    特に東京都内には、たくさんの貸事務所をビジネスとして展開している業者も増えてきているので、自分自身の希望に適ったレンタルオフィスもみつけやすくなってきています。

    昔は、東京都内、たとえば新宿・渋谷などにオフィスを借りて会社を立ち上げたいと考えていても、少人数の小さな会社では、事務所を借りることすら難しいという傾向にありました。しかし今や、レンタルオフィスを筆頭に新たな貸事務所の形が増えてきていることから、フロアを区分けすることによって、不動産会社も柔軟に対応することができるようになってきています。

    パソコン一台あれば仕事ができる時代なので、一人で起業しようと考えている人に対応している物件もふえてきていますし、会議室として借りることのできる物件などもありますので、自分の目的に合った事務所が選びやすくなってきています。



    格安でも価値がある!新たな貸事務所の形



    フロアを小さく区分けして貸しだすことで、ベンチャー企業など少人数の規模の会社でも借りられるスペースを確保する事が容易になってきています。ですから、初めて起業するような初期資金があまりない法人企業でも、東京都内の一等地に事務所を借りることが出来るようになってきているのです。「まだ3名の小規模ベンチャー企業だから、新宿にオフィスを借りるのは難しいかな…」と悩む方も減ってきています。現代のIT化で、働き方というのは大きく変わってきています。つまり、レンタルオフィスなどの事務所で、個人事業主や小規模ベンチャー企業も、気軽に一等地に事務所を構えることが可能になったといえます。「売上も増えてきたので、そろそろ法人会社を立ち上げよう」という方も、新たな貸事務所の形式の恩恵で、「東京都新宿区にオフィスがあります」と胸を張れるようになりました。また、レンタルオフィスやフロアを小さく区分けされた貸事務所は、賃貸料金が格安のところも多いです。つまり、余剰資金を他の事業内容に回すこともできるようになってきたということでもあります。

    今から起業しようと考えている人には、非常に便利な形態になってきているといえます。

    また、新たな形式の事務所を構えることは、ランニングコストの低下にもつながりますが、実際に名刺やホームページに記載できる住所は「新宿」や「渋谷」ですので、対外的にも信頼を持ってもらえるようにもなります。パソコンにインターネット通信環境、それにトイレや冷蔵庫があれば、もはや「働くことに苦労する」という時代ではありません。加えて、月に数万円の賃貸料金で、駅近くに事務所を構えることができるということは、移動時間の短縮にもつながり新たなオフィスワークの形式を可能にしているともいえます。



    働くママも法人企業設立の時代へ



    レンタルオフィスの出現により、たとえば“働くママ”が個人事業主になるという時代にもなってきています。夫の扶養の問題や、夫の会社での社会保険の適用が無視できるほどの収入が得られるようになれば、法人化して、より自立した働き方という形も可能になってきます。

    パソコン一台あれば手軽に借りることのできるオフィスが増えてきている中、ランニングコストを抑えたい“働くママ”にとっても、今の貸事務所のあり方はメリットが多いです。

    また、初期費用に関しても非常に安くなっていて、ほとんど初期投資も必要ありません。月々の貸事務所の料金だけで借りることができるようになっています。当然、法人化の手続きでその住所は法的手続きをすることができる住所になりますので、今からベンチャーを起業しようと考えている人には本当に便利になってきています。「渋谷」や「新宿」で貸事務所を借りることができれば、対外的にも非常に役に立ちますし、“働くママ”にとって「ステータス」にもなります。

    新たなオフィスの形で新たな仕事を始める方も、今後さらに増えていきそうです。

    よく読まれる記事


    新宿でも貸事務所より低予算で済むレンタルオフィス
    渋谷で起業したいなら格安のレンタルオフィス探しから
    賃貸オフィスや東京の魅力について
    格安で借りられる新宿の賃貸オフィスが持つ数多くメリット
    東京の賃貸オフィスの選び方
    レンタルオフィスの豆知識や来客用の応接完備について
    新宿で激安賃貸オフィスを使って起業する
    起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください