起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

  • TOP > コラム > 起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

    起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

    多様化する「オフィス選び」



    これから起業しようと考えている方にとって、最初に出てくるのが「オフィス」の問題です。そもそも、オフィスのスタイルにはどんな形態があるのでしょうか?今回は、これから起業を考えている方へ向けて、賃貸オフィスを選ぶ際のポイントや選択肢、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

    かつてのオフィスの選択肢は、「賃貸事務所」か「自宅兼事務所」のどちらかといってもいいほどでしたが、働き方が多様化するに伴ってオフィス選びも変化してきました。通信手段の発達とともに場所を選ばずに業務を行うことが可能になったことで、最近世間に広く知られるようになった、オフィスを持たない「ノマドワーカー」に代表されるように、オフィスにはこだわらないという考えが生まれてきました。その一方、そのような面で開業のハードルが低くなったからこそ、事務所所在地によって企業の信頼性が左右される場面も出てきました。他社との差別化を図るために、「どんなところにあるか」ということが企業のブランディングに直結するようになったのです。賃貸オフィスを選ぶ際にはそのようなことも踏まえて、エリアの特性や事務所形態の違い、それぞれのメリットとデメリットをよく知るということが大切になってきます。



    オフィスの選び方とメリット・デメリット



    さっそく、オフィスを構える際の選択肢について詳しくみていきましょう。

    まずは、自宅を事務所にする方法です。通勤の必要がなく、事務所費を抑えられるのがメリットです。デメリットとしては、賃貸物件は法人としての登記ができない場合があることや、融資を受けられない場合があることなどがあげられます。また、公私の区別を分けにくいため作業効率が下がってしまうということもあるのです。さらに、職種によっては設備を整える費用が大きくなることもあります。

    次に、「そもそもオフィスを持たない」という選択肢はどうでしょう。近年知られるようになった「ノマドワーカー」タイプの起業スタイルです。オフィスもデスクも肩書も持たず、ネット環境の整った場所を転々とするスタイルで、作業スペースとしてはネット利用が可能なカフェや「コワーキングスペース」と呼ばれる設備が整った共同の作業スペースを利用するなどの方法があります。メリットとしてはオフィスの費用がかからない点、デメリットとしては社会的信用を得にくいという点があげられます。また、登記する場合は自宅やバーチャルオフィスを利用して登記するなどの必要があり、公共スペースでネットを利用することから、セキュリティ面での不安や社会的信頼性が得にくい点が指摘されています。

    次に、賃貸事務所を借りるという方法です。誰しもが最初に検討するオーソドックスな選択肢と言えますが、何より社会的信頼性が高く、クライアントや職種に適した場所や物件を自由に選ぶことができ、自社の占有スペースのため自由度が高いことがメリットといえます。複数のスタッフがいる場合にはある程度広いスペースが必要になるため、賃貸事務所を検討してもよいでしょう。デメリットはやはりその費用になります。賃料のほかに設備投資や保証金などの費用が必要になり、時間と手間がかかります。さらに、今後移転する際には手続きが必要となり、もっと時間と手間がかかってしまうので最初に場所をよく検討する必要があります。新宿、渋谷、新橋といった都心の人気エリアでは、イニシャルコストが膨大になってしまい、ランニングコストが事業継続の足かせになってしまうことも考えられます。立地条件で企業のブランディングを狙う起業家は、よく検討する必要がありそうです。

    最後に、レンタルオフィスという選択肢です。設備がすでに整っており、利用料金も賃貸事務所に比べて大きく節約できるので、イニシャルコストが10分の1程度に抑えられる場合もあります。すぐに事業を開始したい方や軌道に乗るまでの費用を抑えたい方に適しています。また、社会的信頼性の面においても新宿、渋谷、新橋といった都心に住所を持つことができ、企業の信頼性を高めることができます。駅から近い場所にあることが多いので、通勤も便利です。さらに受付にスタッフが常駐して来客対応や電話の取次ぎをしてくれるなど、場所の提供以外に付加価値のあるサービスを利用でき、人件費の節約にもなります。信頼性・自由度ともに高く、月々の料金を抑えられるという特徴があるので、これから起業する方や開業して間もない方にとっては、賃貸事務所やノマドワーキングの間をとった「いいとこ取り」の賃貸オフィスの形とも言えます。



    賃貸オフィスのエリアの選び方



    戦略的にオフィスの所在地を選ぶことは、企業のブランディングや信用度のアップに繋がることをお話ししました。その為には「エリアの特性」を考えて賃貸オフィスを選ぶ必要があります。

    例えば、渋谷や秋葉原はIT関連のベンチャー企業が多く集まる集積地として知られていますし、新橋や虎ノ門などは古くからのビジネス街で法曹関連のオフィスが多いのも特徴です。賃貸事務所を構えるには費用が大きすぎる場合も、レンタルオフィスであれば少ない料金で一等地にオフィスを持て、企業の信頼性を高めることができます。クライアントや取引先とのやり取りがしやすいエリアを選べば、円滑な事業展開が期待できるのでその点も考慮してエリアを考えるのが良いでしょう。

    よく読まれる記事


    新宿でも貸事務所より低予算で済むレンタルオフィス
    渋谷で起業したいなら格安のレンタルオフィス探しから
    賃貸オフィスや東京の魅力について
    格安で借りられる新宿の賃貸オフィスが持つ数多くメリット
    東京の賃貸オフィスの選び方
    レンタルオフィスの豆知識や来客用の応接完備について
    新宿で激安賃貸オフィスを使って起業する
    起業に適したオフィスとは?賃貸オフィスを賢く選ぼう!

ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください